2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

1-01.新日本プロレス

2009年4月23日 (木)

中邑&矢野の新軍団名!

新日本プロレスの中邑&矢野の新軍団名は「CHAOS(ケイオス)」だそうです。

「リング上に混乱を巻き起こす」という意味だそうです。

・・・・ケイオス?なまってない?(爆)

カオスじゃないの?

わっっかりにくい、名前辞めろって!

仕方ないから考えてやったぞ!

まず、中邑!

君は今日から名前を兵動に変えろ!

で、ユニット名は・・・・

矢野兵動る(爆)

これでM−1(グローバル)出ろ!

2009年4月21日 (火)

今日、明日と新日本、大阪大会2連戦!

大阪府立体育館・第二競技場(ちっこい方)で2連戦です。

強気やなぁ新日本(爆)

6月20日、8月9日、10日と第一競技場(でっかい方)での大会も発表されています。

全盛期に近いようなスケジュール・・・・強気だ!

ドラゲーかよって(爆)

よく、私も含んでオールドファンは新日本プロレスの現状を叩きますよね。

やってる方は数年前に比べ、いい感じに推移してきてるという認識、棚橋とかでは役不足と思ってしまうオッサンを尻目に「イケテる」という判断だから強気なのでしょうね・・・・。

どうしても首都圏中心に走りがちになるなか、立派なことだと思う半面、大丈夫か?って心配してしまう親心(爆)

私は給料日直前で見に行けませんが・・・・

まぁ、頑張れ新日本プロレス!(爆)

新日本が元気ないと、皆・・・・叩けないから(爆)

2009年4月18日 (土)

棚橋−アングルと中邑−真壁!

昨日、4月5日に行われました新日本プロレス両国大会の試合を2試合、ニコニコ動画で見ました。

先ずは中邑−真壁戦。

この試合、カード的に煮詰まったら組まれるという名勝負?数え唄なんですが、最後に矢野が真壁を裏切り、中邑と共闘というどんでん返し付きだったわけですね。
で、試合はよくわかりませんが、中邑が押していたように見えましたが、真壁の方がカッコよく見えたっていう、最後のイス攻撃までの印象は真壁打たれ強しを感じました。
この中邑と矢野の共闘、しばらく増殖せずに、二人軍団で進むならまだかっこよかったのですが、結局、石井やバーナードが合流?

RISEのときと一緒(爆)

中邑はストロングスタイルという言葉にすがるしかないんだと思うんです。光が当ったのって総合の試合に出たときのアレがピークだった。皆、あのときの中邑・・・っていう幻想があるから、ストロングスタイル復興の旗手みたいに思ってます。しかし、ここ数年の中邑を見て思うのは、会社の意図に乗って動いてるのか、自分の意志で動いてるのか・・・たぶん、自分の意志じゃないんじゃない?強い中邑っていう虚像も本人の意志なのだろうか・・・いや、会社の言うことを聞いただけなんじゃないかと思っちまいます。

このまま行けば中西二世に成り下がる・・・いや、キャラで言うなら中西より厳しい。彼には中西のような恵まれた体格はありませんから・・・。

一方の棚橋−アングルのIWGP戦

アングルも総合の試合に出るように減量して来たようですね。アマ時代の実績が凄すぎるのってプロレス的に売り出すのにはいい材料ですが、そのネームバリューが災いすることもある。アングルほどのスーパースターならもうそんなことは、どうでもいい話ですが、プロレスのウマい選手なのかな?上手いんでしょうね。上手い!

この試合、棚橋が強かったなぁ・・・みたいなのは全く感じません。また、アングルからもそれを感じない。ただ、棚橋すごい体というか体型を維持してるなぁぐらいかな。タックル意外と早いなぁとかはありましたが・・・・知らない間に、フライングボディーアタックから3カウントみたいな(爆)試合後のマイクアピール、控え室でのインタビュー・・・うざい(爆)控え室のインタビューは途中で見るのやめました。

しかし、棚橋の方が中邑より、やりたいことがハッキリしていて、新日本との駆け引きも上手い。それは感じますね。好き嫌いは別にして、それは感じます。どちらに任せられるかっていうと・・・うざい方なんでしょうね(爆)

2009年4月15日 (水)

棚橋−大森!

私の敬愛しておりますblog「あらょっと大作戦」のきょうさんがイチ押しております、フリーの大森隆男さんが先日の新日本両国大会で社会復帰、中西とのワイルドチャイルド復活しました。

まぁ、このまま新日本に定着するかは定かではありませんが、とりあえずは・・・・プロレスしかないってことなのかな。

箱舟に唯一、上がれない大森は数奇な運命をたどりながら、また、プロレス界にまいもどってきました。

一度でも、スポットが当たったレスラーはやっぱり、なかなか辞めれないんでしょうね。

逆にいうと、それだけ商品価値があるということだから、戻ってこれたんでしょうね。

その大森うたえもんが、4月22日、大阪府体育館・第二競技場大会で、宇宙超帝王を目指す、時のIWGP王者・棚橋とシングルでぶつかります。

4月21日、22日と平日に大阪府体育館・第二競技場で2日やるとは・・・・さらに6月に大阪府立体育館でかい方でやりますし、8月のG1クライマックスもでかい方で2連戦!・・・何を根拠にアレなのか?新日本強気やなぁ(爆)

22日の谷津は、平日だし生観戦を考えてましたが・・・・・相変わらずのお握り生活、たった\1000のネットカフェ・3時間パックをちゅうちょするありさま。金がないってのは・・・・アレだなぁ(爆)

行けないことが確定しちゃったんでアレなんですが、なんとなくですが大森、新日本でコクな仕事が続きそうな予感。ただ、それはファンから見てのことであり、本人的には復帰できたからOK牧場なのかもしれませんし、なんともいえないなぁ。

まぁ、大森がなんでゼロワン辞めることになったのか、なんで新日本に上がることになったのか、細かいことは知りませんから、適当なこと書きましたが・・・・がんばれ大森、アックスボンバーで宇宙一になるには、越えないといけないものを教えてやれ!

逆に、教えられたりして(爆)

2009年4月 8日 (水)

週プロ〜!

週プロ〜!
こないだの出張で買ったときもタナが表紙。

で、今回もタナが表紙。巻頭記事もタナ。

このエースのなかのエース、世界(アングル)を越えたから宇宙を目指すというこのエースは・・・・やっぱ、人気あるのか?

あるんやろうなぁ(爆)

これを理解できずに新日本をみると、イライラするだろうなぁ(爆)

でも、メインやり出してからのタナって生で見てないような気がします。

まぁ、向こう一年は宇宙朝廷王タナの時代でしょう(爆)

2009年3月28日 (土)

新日本−ノアって・・・!

なんか中途半端やなぁ〜!

このままフェードアウトか?

フロントが決めて来たから、やっただけか?選手からやりたいというオーラが出てない感じがする。

グローバル・タッグリーグも、4.5両国大会も、別に自前でやれますからって感じ。対抗戦なんか、あったっけ?みたいな空気です。

まぁ、自前でやれるに越したことはないんですが、なんか・・・「お借りしましたから、お返ししましたんで・・・」みたいな。

それか、逆か?

子供同士は遊びたいんですが、親同士が仲が悪い(爆)

「しんすけちゃん、もう、この辺で、お付き合いは辞めときなさい」ってか(爆)

だったら、もっとだだこねないと。

「シングルするまで遊びたいから、いやだ」って(爆)

そういう空気・・・・ないよなぁ(爆)

点のまま、線にはなりそうにないですね。

2009年3月23日 (月)

ワイルド・チャイルド復活!

ゼロワンを退団した、大森隆男が新日本プロレスの4・5両国大会でリングに帰って来ます!

中西とのタッグ、ワイルド・チャイルドが復活!

バーナード、アンダーソン組と激突します。

今度こそは、中途半端にならないように・・・・たのむで(爆)

そのためにも、この際、入っちゃったら?新日本に(爆)

無理かな?

NJCは後藤が優勝!

だそうです。

(新日本プロレス公式ページより)

もえねぇなぁ・・・・何か燃えません。

よーし、次は4月5日の両国での棚橋vsアングルとの勝者とやるんや!!

・・・って、盛り上がれんなぁ。吉江あたりが残ってたら説得力あったけど、新日本の選手じゃないから・・・・微妙なんでしょうね。

まぁ、棚橋も中邑、アングルと来て、アングルに勝ったら、後藤か・・・・めちゃめちゃ順当な防衛ロード。

後藤も、因縁のイケメン永田や、バーナードといった過去のNJCの歴史(まだ、浅いが)を作ってきた選手を乗り越えて優勝したんですから・・・・ってことなんでしょうね。

一昨年に後藤がタナに挑戦した試合は、後藤の良いところをタナが引き出した、いやタナが後藤のスタイルに付いて行って、その上で勝利するという、好試合でした。

タナvs後藤は、いい試合になると思いますが、試合を超えるものが生まれるでしょうか・・・まぁ、若い人が喜べば、OK出せば、いいんでしょうが(爆)

2009年3月12日 (木)

週プロ3・25号その4

週プロ3・25号その4
スーパー・ストロング・マシン、インタビュー

もともと筋肉マンとしてマスクマン・デビューの話しがあったってのは凄いですね。

名前の由来・・・・悪のマネージャー、KY若松が謎のマスクマンとして帰って来た平田に・・・

記者「マスクマンの名前は?」

若松「・・・・ストロングなマシン・・・・ストロングマシンだ〜」

と即興でつけたのが由来。

素晴らしい(爆)

でも本当、増殖するマシン軍団。タッグ戦で誰が何号か解らなくなるのとか面白かったですよ。

あと藤波の「お前、平田だろ」発言(爆)

いきなりばらす、みたいな!(爆)

蝶野とのタッグで仲間割れ、マスクを取って「しょっぱい試合してすいません」とマイクアピール。

懐かしいなぁ。こういうマイクをファンってよく覚えてますね。本人はさほど計算していってなかったりするのに。

なにはともあれ、サニートゥーリバースさん、25周年おめでとう(爆)

高野混ぜてハリケーンズ復活させてよ平田さん(爆)

週プロ3・25号その3

週プロ3・25号その3
週プロ3・25号その3
新日本37周年旗揚げ記念日大会
3月6日、後楽園ホール

上の写真より、下の写真の方が・・・・和む(爆)

上の写真は題にするなら・・・・サンダ対ガイラみたいな(爆)

下の写真は・・・・・馬場さんの物まねで、アッポー(爆)